中央区で不動産売却をご検討中ならここ!おすすめ業者を徹底比較!

中央区で不動産売却、売却までの日数は?

中央区で不動産売却、売却までの日数は?

不動産を売る際にはどのくらい時間がかかるのでしょうか。

不動産業者に行ってすぐに不動産が売れるということはないとはわかっていても、あまりにも時間がかかると困ります。

実際に不動産が売れる期間は物件の種類によっても様々ですが、ここではその目安について見ていきましょう。

 

不動産が売れるまでにかかる期間

不動産が売れるまでの期間は1ヶ月から3ヶ月程度です。
これは物件によっても変わってきますが、中古マンションなどであれば比較的買い手が見つかりやすくなっています。
中央区では更地も人気なもので売りに出して数日中に買い手が見つかることもあります。

 

○場合によっては半年たっても全く物件が売れないこともあります。

このため、不動産情報を掲載してから3ヶ月たっても何の音沙汰もない場合には不動産業者選びをしなおしたほうが良いことも。

上記のような場合には物件情報が全く見られていない可能性があります。
他の不動産業者に依頼し直すことで異なった購入者層が見てくれるようになり一気に買い手が見つかることもあります。
このため、不動産業者に依頼する際には「何ヶ月くらい経ったら他の不動産業者を検討するか」と最初に考えておくのも良いでしょう

 

○価格の見直し

もしも長期間経っても物件が売れない際には価格の見直しなどをしてみましょう。
売れないのは単に販売価格が高いだけのこともあります。
高望みをして高値で売りに出して数年経っても売れないようだと物件の価値も落ちるだけです。
逆に販売価格を下げてでも早く売ってしまったほうが余計なコストが掛からなくて良いこともあります。

 

○物件によっては不動産業者が買い取ってくれることも

不動産業者によっては駐車場経営などもしており、更地などを不動産業者が買い取ってくれることがあるのです。
この場合には余計な日数もかからずにすぐに買い取ってもらえて良いですが、市場で売ったほうがより高く売れることもあります。

このため、売ろうとしている物件の市場価値は理解して「不動産業者に売ってしまって良いのかどうか」を検討しておきましょう。
とはいえ、不動産業者に買い取ってもらえば実に早く不動産が売買できますからスピード重視の人はこの方がおすすめです。

 

このように不動産を売るのにかかる時間はケースバイケースです。
時には時間もかかることもありますから気長に構えておくのが良いでしょう。

 

より早く不動産を売りたい場合には?

場合によっては不動産を出来るだけ早く売りたいこともあるでしょう。

こうした場合にはやはり価格が鍵になります。
たとえ状況が悪くあまり買い手がいないような物件であっても、物件価格を市場価値よりも下げれば一気に買い手も見つかりやすくなってきます。
このため、すぐにでもお金がほしいという場合には物件価格を工夫してみると良いでしょう。

他に、物件の掲載方法を工夫してもらうことも効果的です。
例えば、物件の写真が魅力に欠けていて買い手が見つかりにくくなっているのかもしれません。
物件の情報が不足していて買い手が不安になっていることもあります。
このため、物件情報をホームページなどに掲載してもらったら自分でも確認してみてみると良いでしょう。

不動産を早く売りたい際には他の不動産業者にも話を持っていくのもありです。
こうすることでより多くの購入者に物件を見てもらえます。

ちなみに、稀に不動産業者に行ったその日のうちに買い手が見つかるようなことがあります。
どこの不動産業者でも特定の物件を欲しがっているクライアントを抱えているもので、条件に合致するようであれば不動産業者に相談に行った後にすぐに話がまとまることがあります。