中央区で不動産売却をご検討中ならここ!おすすめ業者を徹底比較!

中央区で不動産売却をした場合の売却スケジュールはどんな感じ?

中央区で不動産売却をした場合の売却スケジュールはどんな感じ?

中央区の物件を売却する際に気になるのが売却スケジュールについてです。

不動産売買は一般的に時間のかかるものですが、一体中央区で物件を売る際にはどのような売却スケジュールになるのでしょうか。

ここではそんなポイントについて解説していきます。

 

不動産売買スケジュールを押さえる

不動産売買をする際に売買スケジュールを意識しておくことは肝心です

スケジュールを知っておけば次に何があるのか予想できますし、慌てたり焦ったりすることもなくなります。

不動産売買スケジュールは不動産業者に行った際に教えてもらえますが、その要点を一通り紹介しましょう

まず、不動産売買業者を選定して見積もりを出してもらうことから不動産売買は始まります。

 

〇見積もりはいくつかの業者に出してもらう

この際、見積もりはいくつかの業者に出してもらうのがおすすめです

こうすることでより良い選択もしやすくなります

見積もりをしてもらって契約を正式に取り交わしたらどのように販売していくのか担当者と一緒に考えていくこととなります。

 

〇実際にホームページや店頭に物件情報を掲示して販売開始

売却価格や売却期間などを検討したら実際にホームページや店頭に物件情報を掲示して販売開始です。

ここからが時間のかかるところですが、待ちの姿勢で気長に構えておくことも大事です。

また、不動産業者も単に情報掲示するだけでなく、個別に不動産を買いたい人に打診して買い手を見つけてきてくれます

実際に買い手が見つかるまでには1ヶ月から3ヶ月はかかるものですが、これは物件によってかなり事情も変わります。

中央区であればマンション物件が人気ですからこの手の物件であればより早く買い手が見つかることでしょう。

 

〇買い手が見つかったら

実際に買い手が見つかったら不動産業者がそのことを教えてくれます

価格交渉などもありますが、こうしたことは全て不動産業者がしてくれるので基本的に売り手はなにもしないでも構いません

とはいえ、売ろうとしている物件に住んでいる場合には退去の準備などは確実に進めておきたいところです。

 

〇買い手が見つかってもすぐに売却までにはいたらないことも

買い手が見つかってもすぐに売却までにはいたらないこともあります。

例えば、価格交渉が頓挫したり、よりよい買い手が現れることもあります。

実際に売買契約に至るまでにはある程度の時間がかかりますから気長に待つことが大事です

 

〇売買契約が決まったら

実際に売買契約が決まったら物件の所有権移転手続きなどをしていきます。

こうしたことも基本的に必要書類を不動産業者に渡せば全てしてくれます。

このため、そこまで手間はかかりません。

しかし、書類によっては入手に時間が掛かるものがあるので早めに対応していくと良いでしょう。

 

不動産が売れない場合には?スケジュール通りに行かないことも

これが不動産を売買する際のスケジュールとなります。

とはいえ、不動産売買は上記のようにスムーズに行くとは限りません

例えば、不動産が全く売れない場合です。

こうした場合には価格改定を検討しなければいけないことも。

これによって更に売却に至るまでに時間がかかってきます。

 

〇売れない場合

価格改定以外に物件情報の掲載元を変更したり、物件情報を足すこともあります

物件情報が充実してくれば買い手も興味を持ってくれることもあります。

とはいえ、こうした工夫が必ずしも報われるわけではありません。

 

〇それでも売れない

不動産がそれでも売れない場合には不動産業者自体を変えたほうが良いことも。

不動産業者を変えることで新たな購入者に物件情報を見てもらえようになり、買い手も見つかりやすくなることがあります。

このため、不動産業者と契約を結ぶ際には盲目的にあまりにも長い契約期間にしないようにすることが肝心です

 

このように不動産が売れないとスケジュール通りに行かないこともあるので気をつけておきましょう。