中央区で不動産売却をご検討中ならここ!おすすめ業者を徹底比較!

不動産売却では相見積もりがおすすめ

不動産売却では相見積もりがおすすめ不動産を売却するのはなかなか大変です。

関わってくる金額も大きいですから慎重に行っておきたいところ。

特に不動産を売却するといった際には相見積もりは必ずしておいてもらいたいものです

相見積もりをすることで不動産売却でありがちなミスも防いでいくことができます。

 

相見積もりを利用して不動産売却をしよう

 

〇メリット

不動産売却をする際に相見積もりをするメリットは多いものです。

相見積もりをすればより良い業者が見つけられるようになります

不動産売却の仲介手数料や予想売却額などは変わってきますが、相見積もりをすれば具体的にどれくらい費用がかかるのか比較しやすくなるのです

相見積もりをすることで不動産事情にもより詳しくなってきます

相見積もりをすることで物件の市場価値がより分かるだけでなく、仲介料を少なくするコツなども知ることができるのです

情報収集ができるのも相見積もりをするメリットの一つ。

相見積もりをする際に「不動産業者に相見積もりをすることを伝えたほうが良いのか」と悩む人もいるかもしれません

これは基本的には伝えないでも構いませんが、伝えておくのがおすすめです。

相見積もりをすることを事前に知らせておけば他社に負けないように見積もりもしっかりしてもらえます

 

このように相見積もりはメリットが多いものですから是非ともしておくのがおすすめ。

相見積もりのデメリットも不動産売却までに少し時間がかかるくらいです。

このため、「少しでも早く不動産売却をしたい」というのでなければできれば相見積もりをしておくと良いでしょう。

 

相見積もりは一体どのくらいの不動産業者にしてもらえば良い?

これは人によって意見が分かれます。

たとえ2社に見積もりを出してもらうだけでもある程度相場観がわかってきますから、いろいろな不動産業者に行くのが面倒な場合には2社で十分なことも
とはいえ、より多くの不動産業者に相見積もりをしてもらえばそれだけ高値で不動産売却をしてくれる業者も見つかりやすくなります。

このため、2~5つの不動産業者に相見積もりを出してもらうようにするのがおすすめです。

 

〇比較する際の注意点

相見積もりを実際にしてもらったらいろいろと比較しておきたい点がありますが、

①まずは仲介手数料や広告掲載料などのコストを比較してみましょう

これは不動産業者によってかなり変わるもので、仲介手数料が全くかからないこともあります。

②次に不動産売却の予想価格もチェックしておきたいところ

見積時の予想価格で必ず不動産売却できる保証は全くありませんが良い目安になってきます。

もしも他の業者と大きくかけ離れた予想価格を提示された場合にはその理由も聞いておきたいところです。

相見積もり時には契約条件も合わせて見ておきましょう

契約時にはその業者以外と契約できなかったり、不動産掲載期間が制限されていることもあります。

こうした契約条件は見過ごされがちですが、実際に売りに出した後にはかなり気になるものです。

契約条件は十分に理解しておくことも重要です。

 

ちなみに、書類を送付するだけで見積もりしてもらえる業者もあります

こうした業者は便利ですが、不動産売買担当者とは長期間付き合っていくもの。

そのため、やはり見積もりしてもらう際には、担当者と対面して話し合うのがおすすめです。

 

このようにポイントが多いものですが、実際に相見積もりをしてもらった後に契約する業者は一つに絞ると良いでしょう

特に専売契約を結んだのに他の業者とも契約してしまうと契約違反になって保証料などを取られてしまうこともあります

余計なトラブルに巻き込まれないためにもこうしたことは辞めておくのが肝心です