中央区で不動産売却をご検討中ならここ!おすすめ業者を徹底比較!

親や祖父母が遺した不動産売却をするときに知っておきたいこと

遺された不動産の売却について最近はすっかり高齢化社会になっているので、遺産相続に関するニュースもよく耳にしますよね。
親や祖父母が遺した財産を相続すると相続税が課税されます。
その税率はなんと20%と税金の中ではトップクラスの納税率です。
法人の納税率が10%ですから、約二倍ということになります。
個人が負担する金額としては大変なものですよね。
現金である場合にはまだ一部を納付すると済むのですが、不動産の場合はそういうわけにはいきません。
いったん名義を変更することになるので、その時点でその不動産に対する対価に課税がされます。
ですから、マンションなどの物件が手に入ることはうれしいことですが、いったん納税をしないといけないとなると個人の場合には大変な負担です。
では、不動産売却ではどうでしょうか。
親や祖父母が遺した不動産売却で知っておくと役立つ知識を以下にご紹介します。

親や祖父母が遺した不動産にはどのような物件があるか

同居などでも考えられることですが、親や祖父母が亡くなった時には、住んでいた住まいの所有者を引き継ぐ、いわゆる相続することになります。
また、故人が不動産を所有していた場合には、収益物件などを引き継ぐことになります。
ご高齢の中には会社員として、お仕事をリタイアしてから収益物件などで、個人事業主などでお仕事をされる方も中にはおられますので、お亡くなりになられた後で収益物件を引き継ぐことも中には考えられます。
突然、不動産を引き継いだとしても、戸惑ってしまいますよね。
たくさんの手続きが必要になってきますが 一番ネックになってくるのか相続税です。
相続税は売買取引と同じ様に税法ではみなされているため、高額な納税が課されます。
ですから、手持ちの不動産を相続すると手持ちの現金で所有者が変更を行った時点で納税をする義務が課されると言うわけです。
もしも、大規模な不動産の場合には何百万円と言う出費になりますので、資金を準備し、一旦納税する資金を準備しておく必要があるでしょう。

中央区で不動産売却をするときに知っておきたいこと

そして、中央区で不動産売却をするときに知っておくと便利なことは、不動産売却をどの不動産会社にすれば良いかと言うことです。
中央区はオリンピックエリアということもあってタワーマンションの建設ラッシュも続いていて、不動産売買の取引が盛んなエリアでもあります。
さらに、中央区には、業界でもトップクラスの高い能力を持つ不動産会社が揃っています。
ただ、ご自身の用途に合わせて不動産会社を選ぶことをお勧めいたします。
物件によっては戸建てやマンションなどに分かれていますので、もしも高額な物件の場合には、高額物件に実績を持つ東急リバブルと言う、資金力の高い不動産会社に依頼するのがおすすめです。
安定した販売能力で全国で統一したサービスを受けられる、比較的、経営も安定している企業としては住友不動産販売が挙げられます。
地域密着型でスピーディーにどの様な物件でも親身になってくれる不動産会社はスマクラ不動産です。
さらに手数料をおさえたい方はソニー不動産がおすすめです。
ソニー不動産は二重で仲介手数料を請求するという制度をやめた、顧客の立場に立って営業活動を行っている企業です。
この様に用途に合わせて不動産会社を選択すると良いでしょう。
高齢者が所有する不動産では、収益物件が多いとわかります。
もしも、遺産となる場合には相続した人に納税の義務が発生します。
ただ、不動産業者が横のつながりで弁護士を紹介してくれることもあります。
専門家に相談しながら、スムーズな相続や不動産売却を目指しましょう。