中央区で不動産売却をご検討中ならここ!おすすめ業者を徹底比較!

不動産売却における一般媒介とは?

不動産売却における一般媒介とは?

不動産売却をする際に押さえておきたい用語の一つが「媒介契約」です。

媒介契約にも専属専任媒介契約、専任媒介契約、そして一般媒介契約がありますが、この中でも一般媒介契約は特に気をつけておきたいところ。

ここではそんな各種ある媒介契約について紹介しておきましょう。

 

一般媒介について詳しく知る

○物件売却をする際には不動産業者を利用

不動産売却する際には自分一人の力で売るのはほぼ不可能です。
知り合いに不動産を欲しがっている人がいればよいですが、そうでない場合には買い手を自分の力だけで見つけるのは難しいでしょう。
素人が不動産を売ろうとすると詐欺に巻き込まれる恐れもあります。
書類手続きの煩雑さもありますから、基本的には物件売却をする際には不動産業者を利用していくこととなります。

不動産業者を利用すれば様々なリソースを活用して買い手も広範囲に探してもらえますし、最良の価格で売却してもらえます。
各種のサポートやアドバイスが得られるのも良いところでしょう。

 

○不動産業者とどのような契約を結ぶかは主に3つの契約方法から選べます

(1)その一つが専任媒介契約です。
専任媒介契約を結んだ場合には他の不動産業者と契約期間中に依頼することに制限がかかってきます。

(2)専属専任媒介契約もこの専任媒介契約と大変似ています。

(3)これに比べて一般媒介特定の不動産業者に限定して不動産売買をしてもらう必要性がありません。
一般媒介契約を不動産業者と取り交わしても基本的には自由に他の不動産業者に依頼したり、自分で不動産を売るということが可能となるのです。
このため、たいへん自由度が高いのが一般媒介契約の特徴になっています。
一般媒介契約は契約料も安く済むのもポイントでしょう。

 

一般媒介にすればよいかどうか

○一般媒介は特徴的なもの

一般媒介が最良かどうかは状況によって分かれてきます。
例えば、専任媒介契約を結べばより積極的に不動産売買をしてもらえますが、一般媒介では不動産業者のホームページに不動産情報が掲載されるだけなんてこともあります。
このため、より早めに不動産売却したい際には専任媒介契約を利用したほうが良いことも。

逆に時間に余裕のある場合には一般媒介契約をして長期的に不動産売却をしていくのもアリです
こうすることでより費用が抑えられたり、よりいろいろな買い手が見つかることがあります。
一般媒介契約であれば自分で不動産を売っていくことも可能です。

 

○不動産業者としては一般媒介をした人よりも専任媒介契約を結んだ人をより重視する傾向にあります

専任媒介契約のほうがより不動産業者としては利益が得られますからこれは当然といえば当然です。
このため、一般媒介契約を結んだ場合には不動産業者から受けられるサポートも限られてくることがあるのです。
この点にも気をつけておきましょう。

 

○ちなみに、一般媒介には明示型と非明示型があります

明示型では契約する不動産業者以外にどのような不動産業者と契約しているかを明らかにします。

一方、非明示型ではこのような情報を開示する必要性もありません。

実際に一般媒介にするか専任媒介契約や専属専任媒介契約にするかは不動産業者に行ってから考えるのも良いでしょう。
不動産業者によってこうした契約内容は微妙に違ってきます。
例えば、一般媒介であっても専任媒介契約並みにサポートが受けられることもあります。
不動産業者の中には専任媒介契約や専属専任媒介契約しか対応していないところも。

 

担当者と話をすればより良い道が見つかることもあります。
このため、不動産業者に行く前に考えを決めてしまうのではなく、不動産業者と相談して柔軟に考えるようにするのがおすすめでしょう。