中央区で不動産売却をご検討中ならここ!おすすめ業者を徹底比較!

不動産売却した時のローン返済はどうなるの?

不動産売却した時のローン返済はどうなるの?

 

ローンを返済し終えていない不動産を売却したくなることもあるでしょう。

こうしたことも可能ですが、通常の不動産売却とは違った用心も必要になってきます。

一体ローンを返済し終えていない場合にはどのような点に気をつけておけば良いのでしょうか。

 

ローン返済が終わっていない物件

「一戸建てやマンションを購入したけれども転勤に伴って手放さないといけなくなった」といったことは珍しくありません。
このような場合でも売却はもちろん可能です。
しかし、ローン返済が終わっていない物件は売り方に注意が必要です。

 

○ローン付きのまま売るという方法

これによってローン返済する必要性はなくなりますが、物件価値はそれだけ落ちてきます。
この際にはローンを返済してから物件を売るよりも損をすることもあるので注意が必要です。

例えば、未返済のローンが500万円分ある時価価値2000万円の物件を売るとしましょう。
この場合、未返済のローン分を抜いた1500万円で売れると思ってしまいがちですが、ことはそう簡単にいきません。
この場合には更に安値で売らないと買い手が見つからないこともあるのです。
これはローンがついた物件は何かと手続きもしなければいかず面倒が多いためです。

 

○ローン絡みのトラブルも数少ないことは理解しておきましょう

例えば、不動産購入後にローン未返済額があることが発覚して裁判沙汰になることがあります。
このようにローンがある物件は敬遠される傾向にあります。
これもローンがある物件を売る際には理解しておきたいところ。
実際にローン付きの不動産売却をする際にはこうした物件に強い不動産業者を探してみると良いでしょう。

 

不動産業者を選ぶコツとは?

○ローンが付いている物件の場合には特に不動産業者を慎重に選ぶことが大事

例えば、不動産業者を選ぶ際にはどのくらいサポートをしてくれるかはよく比較しておきましょう。
不動産業者によっては自社ホームページに広告を掲載して終わりということもあれば、積極的に買い手を探してくれるところもあります。

 

○不動産業者の販売網も要チェック

不動産業者はそれぞれ独自の販売網を持っているもので、どのくらい販売網が多様かで物件が売れる速さも変わってきます。
例えば、不動産業者によっては中古マンション物件関連に強いところもありますし、一戸建てに強いところもあります。
このような点も比較しておくと良いでしょう。

 

○また、どのような契約条件を用意しているかもポイント

契約方法もその会社に不動産売買をお任せする専属専任媒介契約や自由度が比較的高い一般媒介契約などがありますから、それぞれの契約内容を確認しておきましょう。

一社に任せるのが不安という際には一般媒介契約を利用して複数社にお願いすることも可能です。
こうすることでより広範囲に買い手を探していくことができます。

 

○ちなみに仲介手数料は安ければ良いというわけではありません

中には仲介手数料が無料のところもありますが、こうした場合には他の費用がかさんでくることがあります。
仲介手数料が安い場合にはほとんど販売活動をしてもらえないのかもしれません。
このため、仲介手数料はサービスの内容と合わせてよく考えておくのが大切です。

 

このように不動産業者を選ぶ際にはポイントが多いですが、なるべく不動産業者を選ぶ際には時間をかけておきたいところです。
良い不動産業者を見つけられればより早く売れるだけでなく売却価格も高くなってきます。

不動産売買ではこの不動産業者選びが一番大事と言っても過言ではありませんから、最低でも2社以上不動産業者を訪ねてから依頼するところを決めましょう。